ハードルは低めに

メンズとレディ

最初の確認も大事

結婚したいという気持ちを持つ時期は男女に差があります。女性は一般に早く結婚したいと思うものです。年齢があがるにつれ選ばれる可能性が低くなるということもありますし、子供を残すためには早い方がよいということを本能的に悟っているためともいえます。女性は一人の男性の遺伝子しか受け入れられない構造になっているため、若いうちに出会った相手がよい相手だと感じた場合、逃したくない、結婚したいと感じるのが自然なのです。一方男性は逆の思考回路を持っています。男性は年をとっても子供が作れますし、遺伝子を複数の女性にばらまけるようにできています。また若いうちに結婚するとその分自由が無くなり金銭的にも大変になるというマイナスイメージを持つ人も多いのです。そのため、結婚したいという気持ちを持つのは遅めになりがちです。このように男女では大きなずれが生じがちなので、特に女性は焦ることが多くなります。ですが、そのような場合でも様々な方法で早く結婚することは可能になります。まず相手を選ぶ段階からです。周囲に結婚を視野に入れた相手としか付き合わないと明言しておくと、遊び半分の相手は近寄りにくくなります。こう明言しておけば、最初は結婚まで考えていない相手でも、付き合ってみていいなと感じたら結婚を意識し早めに行動するようになります。若くて選ばれるうちからこのように動くのが大事です。また、ハードルは低めにしておくことも大切です。運命の相手は出会うものでなく育てていくものだという思いを持ち、相手に過度なハードルを求めないようにしましょう。この二点を意識しておけば早い段階で結婚できるはずです。

Copyright© 2017 【結婚したいなら注目】婚活を成功させるためのポイントを徹底解説 All Rights Reserved.